からつの特産物 みかん

お茶

JAからつ管内は、佐賀県下有数の“お茶どころ”です。栽培面積は108ヘクタール、嬉野町に次いで第2位の生産地です。

身近なお茶のことをもっとよく知ってもらい、『唐津茶』を日本一の銘茶に育てたい、生産者一同考えております。

ぜひご賞味ください。

   
お茶に含まれる成分

フッ素サポニン・カテキン・ビタミンC・ミネラル・カフェイン

お茶の種類
煎茶
(普通煎茶・深蒸し煎茶)
もっとも良く飲まれているお茶で、国内の80%を占める。新芽を蒸し、揉み、乾燥したもの。上級品ほどうまみや香りがある。
深蒸し茶は普通煎茶に比べて2~3倍の蒸気量で蒸したもの。
玉露 新芽が伸びだした頃、よしず棚で茶園を覆い直射日光を避けて栽培する。うまみが増し、苦味が抑えられる。高級茶として珍重される。
被せ茶 カンレイシャなどで茶園を覆って育てたお茶。色が濃く、玉露に次ぐ高級茶。
番茶 硬くなった新芽や茎などを原料としたお茶。製法は煎茶と同じ。
玉緑茶 製茶の精揉工程を省略し、曲玉状にしたお茶。グリ茶とも言う。
てん茶 玉露と同様に栽培し、蒸した葉を揉まないで乾燥したもの。
抹茶 てん茶を茶臼で挽いて粉状にしたお茶。主に茶道で使われる。
焙じ茶 番茶や煎茶を強火で炒り、香ばしい香りを出したもの。
玄米茶 番茶や煎茶に高圧に炒った米などを混ぜたもの。

 

JAからつのお茶

JAからつでは、次のお茶を出荷しています。

 

      

 

ページトップへ

茶畑から皆さまへ

お茶は、次の過程を経て、皆さまのご家庭に届きます。

製法によってお茶の種類は異なりますが、JA唐津市では、一つ一つの工程を丁寧に行っています。

茶畑 摘みとり

   
 茶の葉は手摘み、茶摘機などで摘みとられ、茶工場へ運ばれます。
   

蒸し

   
 水の葉を蒸気で蒸します。
   

冷却

   
 水の葉の表面の水分を取り除きながら冷やします。
   

揉み

   
 茶の葉に熱や力を加えて揉み、徐々に乾かしながらまっすぐ伸びるように形を整えていきます。
   

乾燥

   
 葉を十分乾かします。
   

揉み

   
 茶の葉に熱や力を加えて揉み、徐々に乾かしながらまっすぐ伸びるように形を整えていきます。
   

出荷

   
 荒茶は仕上げ用のお茶を残して市場に出荷されます。
   

選別

   
 荒茶は形が大小さまざま状態で混じり合っているので、ふるいわけ、きれいに形を整えます。
   

乾燥

   
 茶をさらによく乾燥させると同時に、独特のお茶の香りを作りだします。
   

袋詰

   
 茶をさらによく乾燥させると同時に、独特のお茶の香りを作りだします。
   

乾燥

   
 仕上がったお茶を計量して消費地の小売店に搬送されます。
   

小売店 店頭

   
 お茶を缶や袋に詰めて売られます。

 

JAからつ北波多製茶工場
 お茶は、次の過程を経て、皆さまのご家庭に届きます。
 
 製法によってお茶の種類は異なりますが、JAからつでは、一つ一つの工程を丁寧に行っています。
写真:工場全景

 

写真:生葉投入室 写真:蒸機 写真:粗揉機
生葉投入室 蒸機 粗揉機
     
写真:揉捻機 写真:精揉機 写真:乾燥機
揉捻機 精揉機 乾燥機

 

ページトップへ

  • ご利用にあたって
  • リンク集
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 反社会的勢力への対応
  • 採用情報

唐津農業協同組合 copyrihgt JA-karatsu All rights reserved