からつの特産物 自然薯

自然薯
写真:自然薯

自然薯は古くから日本の山野に自生し、栄養食・強壮食として広く食されています。

また、別名"山薬" "じょよ"とも呼ばれ、漢方薬としても珍重されてきました。

自然薯には野生種と栽培種があります。一般的に栽培自然薯のほうが、カルシウム、鉄分、ビタミンを豊富に含んでいます。さらに、良質のデンプン質、アミラーゼなど各種の酵素も含み、食べ過ぎても消化剤としての効果が働き、胃腸の負担も軽くして栄養効果を高めます。

新陳代謝や細胞の増殖機能を促進する作用も強いため、常食することで元気な体づくりにも役立ちます。

自然薯の栄養成分

タンパク質、カルシウム、鉄分、リン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなど

JAからつの自然薯

出荷時期・・・11月下旬~2月

30年ほど前までは、自然薯採りは私たちの暮らしの一部でした。

現在の出荷は主に栽培自然薯です。管内で45人の生産者が約3.5ヘクタールに栽培し、10月からの半年間に約40トン出荷しています。

夏目漱石の「我輩は猫である」にも唐津の自然薯(自生)がでてきます。明治38年の作品ですが、その頃から東京に持ち込まれていたことがうかがえます。

ページトップへ

  • ご利用にあたって
  • リンク集
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 反社会的勢力への対応
  • 採用情報

唐津農業協同組合 copyrihgt JA-karatsu All rights reserved